アダルトコラム

ルーインドオーガズムとは?連続射精で快楽を搾りつくせ!

この記事ではルーインドオーガズムについて、その魅力・やり方を解説しています。この記事を参考に「射精後の賢者タイムが来ない(来にくくなる)夢のスキル」をマスターし連続射精で性欲を絞り出せるようになっていただければ幸いです。

ルーインドオーガズムって何?

ルーインドオーガズムとは英語で「Ruined Orgasm」と書きます。「Ruined(ルーインド)=台無しになった(形容詞)」が「Orgasm(オーガズム)=快感の絶頂(射精)」に係っており、そのまま日本語にすると「台無し射精」となります。

通常のオーガズムであればペニスへの愛撫により性感が最高潮に達した際に「ビューーーッ」と勢いよく射精された状態を想像しますが、それと違ってルーインドオーガズムは尿道から精液が勢いなく「ドロドロ…」と垂れ流され、静液が出たのに射精の絶頂感が味わえず「台無し」になった状態のことをいいます。射精ほど勢いがないので「出精」と表現するほうがしっくりくるかもしれません。射精時の勢いが良ければよいほど性感も良くなる傾向がありますが、その勢いが全くなくなってしまっているので 「Ruined(ルーインド)=台無し 」と表現されています。

ルーインドオーガズムのやり方

やり方は「射精時しそうになる前に刺激をやめる」だけです。文字で書くと単純ですが退き際の見極めが難しいです。射精と同時に刺激をやめるのではなく、射精の直前かそれよりも少し前に刺激を止めます。オナニーやセックスをしている時に、射精を我慢できていたはずなのに突然「どこか『ある一線』を超えてしまい、我慢できなくなって急いで射精をする」という経験はないでしょうか?まさにその「ある一線」を目指して刺激を与え続けて「ある一線を超えたあたり」で刺激をやめるというのを意識してください。あえて「あたり」という表現を使いましたが「ある一線」を超えても刺激を続けていると、いつかは我慢できずに「ビュッ」と精液が出て「射精」になってしまいます。そうなってしまうとその後に「賢者タイム」がやってきてしまいますので、「『ある一線』とその先にある『賢者タイム突入ライン』は超えないところで刺激を止める」ということを意識してください。「ある一線」を超えたあたりで刺激をやめた後、「おしっこ」の最後を出し切るようにペニスに力を入れたり緩めたりするとおしっこのの代わりに精液がドロドロっとでてきます。精子を出したにも関わらず、ペニスが少しも萎えずにギンギンと勃起している状態であれば成功です。

オナホなどのグッズを使ってもできますが、オナホから抜くのに手間取ったり、慣れていないと刺激をやめるタイミングが遅れてしまいます。人によっては「ある一線」と「賢者タイム突入ライン」の間隔がとても狭い場合もありますので「手コキ」で刺激するのが一番良いです。最初のうちは少し早めに刺激をやめた方がよいでしょう。また1回目のルーインドオーガズムを経験したあとで、そのまま連続で2回目に挑戦しようとすると2回目は「ある一線」と「賢者タイム突入ライン」が狭くなっているかと思います。回を重ねる事に微妙な調整が必要になってくるので、何度も楽しみたい方は特に「手コキ」が一番良いです。

ルーインドオーガズムの魅力とは?

「台無し」ということなので射精管理できずに「思わず出てしまった残念射精」をイメージしてしまうと、「せっかくだったら思いっきり出した方が気持ちいいじゃないか!」と思われるるかもしれません。でもルーインドオーガズムには射精とは違う良さあります。それではルーインドオーガズムは何がうれしいのか?その魅力について紹介します。

ルーインドオーガズムの魅力①賢者タイムになりにくく絶頂寸前の快楽を何度も味わえる

先述の通り、射精時のような絶頂感が抑えられていることによって賢者タイムになりにくいため、精液が出たあとも勃起は続きます。抑えられていると言っても何も感じないわけではなく、射精時ほどの尖った絶頂感では無いですが、ゆる〜い脱力感がやってきます。それがとても絶妙な快感なのです。それに加えて、賢者タイムにならず勃起したままなので、また愛撫を再開すれば絶頂寸前の快感を何度も味わうことができます。体力の続く限りやり続けることが可能です。

ルーインドオーガズムの魅力②Mプレイのアクセントに使える

「射精の直前で刺激をやめる」という行為の性質から、SMプレイの一種として海外では比較的メジャーなプレイとして認知されています。「イキそうなのに射精させてもらえない」という焦らしプレイの一種として使えます。「我慢汁」の上位版のようなイメージですね。精子が空っぽになるまで搾りつくされていくのに射精時の絶頂を味わわせてもらえない…いつになったらイカせてもらえるのだろう…とM男には堪らないでしょう。

ルーインドオーガズムの魅力③絶頂時の脱力感が増す

ルーインドオーガズムを繰り返せば絶頂寸前の快楽を何度も味わうことになり、その度に「早く射精したい!!」という気持ちがどんどんと高ぶってきます。射精への期待感は通常の「ムラムラ度」とはくらべものにならない状態になっているので、その分の快感も半端ないです。さらに、ルーインドオーガズム後に射精をするとこれまでに垂れ流した精液分も一気に出たかのような錯覚に陥るため、通常の何倍もの脱力感を味わうことができます。

ルーインドオーガズムの魅力④生本番で実施すれば背徳感が増す

ルーインドオーガズムは感覚をつかめば本番行為中も膣内でやることは可能です。2、3回膣内でルーインドオーガズムをやってみると膣内は精液でぐちゃぐちゃになり、まるで複数人にレイプされて廻されたかのように膣からどんどんと精液が垂れ落ちてきます。その様子を見て背徳感を味わいながら、さらにトドメの中出しで絶頂を愉しむ。といいうのもオススメです。

ルーインドオーガズムの注意点

ルーインドオーガズムの魅力について説明しましたが、注意点もありますのでそちらについても紹介しておきます。

注意①やり過ぎないようにする

「賢者モード」にならないので、やり方のコツを掴んでしまうと、ついつい何度も連続でやってしまいがちです。でも実際には精液がしっかりと出ていますので、通常の1回オナニーよりも体への負担はかかっています。やり過ぎには注意しましょう。

注意②常習化すると本番中に出てしまう

オナニー時には毎回ルーインドオーガズムをしていると、本番中であってもルーインドオーガズムを経験しないと満足できなくなってしまって、ついつい「ある一線」を超えてしまいたくなる衝動に駆られてしまったり、「ある一線」の手前で止める感覚が鈍ってしまいます。もちろんルーインドオーガズムになってしまうと精子はしっかり出ているので、避妊はしっかりしておく必要があります。コンドームをかぶせていても精子が出た状態で性行為を続けているとコンドーム内の内圧が上がって破けてしまう可能性もあるので、ルーインドオーガズムをしてしまった場合には一度コンドームは交換しておいた方がよいでしょう。

「ルーインドオーガズム」を最大限に体験したいならセフレに手伝ってもらおう!

「ルーインドオーガズム」は一人でも出来るのですが、やはり誰かに手伝ってもらった方が断然気持ちいいです。でもそういったプレイをしてみたいなんて、なかなかパートナーには言い出しにくいですよね。そんな方は出会い系サイトでまずはセフレを探すことをオススメします。セフレであれば、最悪関係が悪化しても次を探せばいいですし、最初からプレイ内容に合わせて複数のセフレを作ればいいのです。S男になってレイプ風にガンガン責めたいときのMなセフレ、M男になって極限まで虐めてくれるドSなセフレ…。その時々の性欲に合わせて相手を選べばいいのです。普段はMなセフレであってもセフレのような関係になってくれる女性はそもそも性欲が強い傾向にありますので、未経験な事であっても多少のことであれば女性も積極的に挑戦してくれます。私も最初はM子にバイブを刺したままペニスをシゴかせるところから始めましたので、是非皆さんも性欲を満たしあえる方を見つけて、「ルーインドオーガズム」を体験してもらえればと思います。

セフレを作るなら出会い系サイトが断然オススメ!

このサイトでオススメしている出会い系サイトはPCMAXハッピーメールです。どちらも大手サイトなので運営も安定していて女性数も他サイトを圧倒しています。

本サイトでは実体験をもとにセフレの探し方などを紹介していますので、他の記事も是非ご確認ください。

オススメ
オススメ

各種ブログランキングに参加しています。もしよければこちらをクリックいただけると嬉しいです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

eromanian

管理人のエロマニアンです。 普段の生活をするには大した不満はありませんが、妻とのレスがきっかけで出会い系サイトを利用し始め、現在は4人のセフレと定期的にホテルデートをしながらも出会い系サイトで新たな性感との出会いを求めて活動しています。 もし記事を気に入っていただけたらサイトをブックマークもしくは、Twitterをフォローお願いします!

-アダルトコラム
-, , , ,